So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

実家のリフォーム [生き方]

昨年実家の1階をリフォームしたのに続き、2階のトイレのリフォーム
お風呂の撤去、ふすま、畳のやり替えをしてます。
ちょっとした工事でも、3部屋を空洞にするのは大変!
91歳の母は監督だけ(笑)実働は私ですから、いくら元気といっても
年取ってから家をつつくのは体力、気力が入りますね。もうこれが最後にしたい[もうやだ~(悲しい顔)]
年明けには私たちは山の上を降りて一緒に暮らします。
母も20年もおひとり様暮らしで自由を謳歌したのでもう良いでしょう(笑)
綺麗にして少しでも残りの人生を気持ち良く暮らして欲しいものです。

IMG_20171111_144109.jpg
畳をあげたらシロアリが、、、、業者に入ってもらってくまなく点検
最近はカメラで撮ってTVにつないで見せてくれるのですね。
シロアリの道など詳しく説明を受けました。まだそれほどでないので
駆除をしてもらうことに、シロアリといえば悪徳業者を思います。
エディオンの下請けなので安心!見えないところは信頼のおけるところにしないと
騙されますから~やっぱり思い切ってリフォームして良かった!

IMG_20171111_143944.jpg
後、2~3日で終わるので、またまた片付けが大変!
でもカーテンをやり替えたり色々楽しみます[るんるん]

そんな合間をぬって、若い友と久しぶりにシェヤマライにランチに行きました。
ここは広島のフレンチの老舗、私の好きなお店です。
沢山の人で、初めて2階に上がりましたが、急な階段を上るとグリーンに囲まれた
素敵な空間、お魚と肉のハーフ、ハーフのコースを美味しく頂きました。
ここは江波なので牡蠣の本場、とっても美味しいのですが、、、、
牡蠣には苦い経験があるので、私も食べたいけど我慢しました。美味しそう[ぴかぴか(新しい)]
料理の量も丁度良くて、やっぱり美味しい[黒ハート]
初めてのお友達にも喜んでもらえて良かった[exclamation]

page1.jpg
久しぶりに沢山おしゃべり、若い人のお話も楽しい[るんるん]
ロシアのアルバムを見せてあげたり、マトリョーシカを地塗りしてお土産に~
彼女は違った技法で描くのでどんなマトリョーシカを描くのか楽しみ[るんるん]

CIMG3445.JPG
テーブルに並べて見せていたら、お店の人が可愛いって感激してくれて
「写真撮らせてください」って、、、シェヤマライのインスタグラムに載せてくれました。

IMG_20171112_120040.jpg
自分の趣味がこうして人に楽しんでもらえるって嬉しいな[exclamation×2]
忙しい毎日だけど、リフレッシュできて幸せなひと時でした。





nice!(0)  コメント(2) 

成田~羽田~広島 [作品]

素晴らしいロシアの秋を満喫して帰国です。
同じJALなのに、帰りの機内食は何故かあまり美味しくなかったです。

18-機内食1.jpg

9時間少しで8:35成田着。ヨーロッパに比べて短いので楽でした。
荷物を宅配で送って車で羽田まで送ってもらいます。
広島発13:35まで時間があるのでお蕎麦を食べてゆっくりしました。
やはり日本食、醤油の味は良いですね。

1508381835713_640.jpg
ロシアの旅7日間、34名の沢山のツアーでしたが、ロシアに来る人は
これまで沢山海外旅行をしてる人が多かったです。
帰りにロシアの空港でJALのロシア支店長から挨拶がありました。
こんなの初めて~ロシアはまだまだ認知度が少ない国ですが、素晴らしいところが
沢山あります。ぜひお帰りになったらSNSなどを通してロシアの素晴らしさを伝えて
沢山の方に訪れて頂きたいという言葉でした。

ロシアといえば、暗い、寂しい、寒いというイメージでしたが、、、、
確かに他の国に比べて人も少ないし、寂しいなと思いましたが
エルミタージュ美術館やエカテリーナ宮殿、赤の広場、クレムリン、大聖堂
沢山の素晴らしい建物、美術、宝飾品などなど一見の価値ありです。

00340001_640.jpg
赤の広場_640.jpg
聖ワシリー寺院_640.jpg
セルギエフ・ポサード2_640.jpg
また寒い国なので夏が良いのかな、10月は寒いかなと思いましたが
コートを着ればそれほどでなく、ギリギリ良い時期だったかな!
「黄金の秋」などあまり気にしていなかったけど、本当に素晴らしい黄葉に
大感動でした[exclamation×2]色々な国を見ると。歴史や庶民の暮らしなどなど、
まだまだ知らないこと沢山あります。
本などを読んでロシアのことをもっと知りたいなと興味が湧いてきます。

CIMG2768_640.jpg
何だかいつも選ぶ国、時期がピッタシ[exclamation]先見の明があるのかな(笑)
ペースも考えもピッタシの従妹との旅は何より楽で楽しい[るんるん]
勿論夫が行く時も気持ちよく送り出す妻ですけど[わーい(嬉しい顔)]
気持ちよく留守を守ってくれる夫にも感謝!感謝!!です。
夫はいつか東ドイツ、ポーランドに行きたいと言ってますが
従妹共々お供しましょう(笑)
やはり旅は良いですね。国内も良いところが沢山あります。
海外もいつまで行けるかわかりませんが、健康なればこそ
体に気を付けて楽しい旅を続けたいものです。




nice!(0)  コメント(0) 

6日目 モスクワ・クレムリン~帰国 [旅行]

モスクワ観光最終日です。朝食は同じバイキング、朝シャンならぬ朝のシャンパンで
乾杯!昨日もあったそうですが、お酒好きの皆さん良く知っていますね。

18-朝.jpg
立つ鳥あとをにごさず。ベッドも綺麗に整えて~何でも早い二人、トランク出したら
時間たっぷりあります。毎日のようにゆっくり二度寝もできました。

CIMG3332_640.jpg
ガーガリン宇宙の像、フランス大使館、プレジデントホテルなどなど
大きな建物を見ながら街中を走ります。

CIMG3382_640.jpg
CIMG3387_640.jpgCIMG3384_640.jpgCIMG3385_640.jpg
モスクワはバイクや自転車は少ないですが、車は4540万台とか。
いつも大渋滞、要人の出入りがあるたびに急に信号も変わるそうです。
車は90%が外国製です。特に日本の車は長く乗っても壊れないので人気だそうです。
車は洗わないそうで汚い!雨や雪、解けた泥ですぐ汚れるからとか
年を取ると国から年金が月に1万ルーブル(23000円)もらえます。
それでは生活出来ないので、皆別荘に移り(といっても小さな汚いもの)
ピクルスなどの保存できるものを作って、自給自足の生活をするそうです

クレムリンはロシア語で「クレムリ」といい、これは城塞という意味です。
そのため、中世のロシアでは、各地にクレムリが存在しました。
その中でも最も大きなものが、モスクワのクレムリです。
クレムリンは南にモスクワ川が流れており、北東に赤の広場、
北西にアレクサンドロフスキー公園があり、それらに囲まれた
三角形の敷地の中にあります。
城壁は長さが2.25㎞あり、城門は20、塔が20あります。面積が約26haで
その中に多くの宮殿と聖堂が建てられています。

CIMG3454_640.jpg
クレムリンの周りでまたまた黄金の秋を満喫しました。
綺麗な真っ赤な実です。

CIMG3346_640.jpgCIMG3376_640.jpg
大クレムリン宮殿。

クレムリン大宮殿.jpg
武器庫に入ります。1720年にピヨートル大帝の命で美術館になりました。
ここは撮影禁止なのでネットから画像をお借りしました。
素晴らしい宝飾品、武器です。

img_10.jpg
tsarina-s-dress.jpg
photo4jpg.jpg
P1010087-2b425.jpg
ウスペンスキー大聖堂。1479年イタリア人アリストートルによって
設計・建築されました。
こちらも5つの丸屋根があり、皇帝の戴冠式に使用されていました。

ウスペンスキー大聖堂.jpg
要人がお祈りしたのか、神父さんの集まりがあったのか、沢山の人が出てきました。

CIMG3361_640.jpg
ブラゴヴェシチェンスキー大聖堂。1489年に建てられた皇帝や皇后の
私的な礼拝所です。丸屋根は9つあります。

CIMG3357_640.jpg
鐘の王様(鐘の皇帝)
大聖堂広場の中心にあり、高さは80mを超え21個の鐘が設置されています。
鐘楼の前には「鐘の皇帝」と呼ばれる重さ200tの巨大な鐘が展示されています。

CIMG3371_640.jpg
大砲の皇帝
武器庫の前に、大砲の皇帝と呼ばれる大きな大砲が展示してあります。
1586年にスパスカヤ塔の門を守るために造られましたが
結局今まで一度も使われたことはありません。
口径890㎜、重さ40tもあり、観光客の撮影スポットとして人気があります。

CIMG3374_640.jpg
クタフィヤ塔(出入り口)

CIMG3425_640.jpg
その後モスクワ空港に向かいます。日本まで9時間20分の旅です。
出発を待つ間に最後のアイスクリームを食べました。

CIMG3391_640.jpg
CIMG3392_640.jpg
CIMG3393_640.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

5日目 黄金の輪のセルギエフ・ポサード~マトショーリカの絵付け [旅行]

今朝も早く目が覚めて温かいコーヒーを飲みながら沢山おしゃべりしました。
朝食はバイキング、パンも充実しててマカロン大好きな私、嬉しくて沢山食べました。
オムレツも焼きたて美味しい!その後朝の散歩です。

17-朝.jpg
CIMG3181_640.jpg
最後まで黄金の秋を堪能!枯葉を掃除機のようなものでお掃除してる人も~

CIMG3194_640.jpg

クリが沢山あるのでクリ広い。ナイロンに入れてそっと持って帰りましたが
ゆがいて口に入れたら苦くて吐き出しました。毒クリだったら大変[ふらふら]

page1.jpg

ピンクの柏葉紫陽花が綺麗です。

CIMG3187_640.jpg
食後マトリョーシカの絵付け工房に行きます。ロシアでは一番有名なものですね。
もう一つロシアのペイントにはジョストボという技法があります。
どちらも手描きなので結構高いものです。

CIMG3129_640.jpg
以前トールペイントで描いたことがあります。

オークション3.JPG
絵付け体験前に色々説明を聞き、マトリョーシカのできる工程を見せてもらいました。

page3.jpg
いよいよ絵付け体験です。ペイントはやったことがあるので簡単と思いましたが
絵具も筆も使いずらくて上手く描けません。
水彩絵の具のようで、帰ってアクリルで描いたらスイスイ描けて楽でした。
皆さん楽しそうに~男性はこんなの嫌じゃあと言って投げ出す人もいましたが
楽しい絵付け体験でした[exclamation×2]

page2.jpg
完成品を一つ買いました。

CIMG3412_640.jpg
無地のマトリョーシカが売っていたので友達のお土産も含めて10個買いました。
従妹に2個頼まれて描きましたが、孫は買ったのより
私が描いたのを取ったそうです(笑)
きっと目が強いのでしょう。どのマトショーリカもビックリするような大きな目です。
沢山描くので大変と思いましたが、楽しくなってはまって3個描いてしまいました。

4.jpg
page2.jpg
page3.jpg
ペイント仲間がどんなのを描くか楽しみです[るんるん]
2時間余りの絵付け体験でした。
昼食はセルギエフ・ポサードで、チキンスープ、ロールキャベツ、クレープです。

17-昼.jpg
モスクワの北東部に「黄金の輪」と呼ばれる古い都市がいくつもあります。
中世以来、ロシア諸国の首都など重要な役割を果たした場所です。
いずれも城塞や修道院、教会と町並みで構成され、ロシアの宗教、芸術、建築などの
文化揺藍の地となりました。中でもセルギエフ・ポサードは
ひときわ美しい宗教都市です。ネットから借りた街並みです。

セルギエフ・ポサード_640.jpg
食後は歩いて散策です。教会に入るにはスカーフかベールが必要です。
私またまた忘れました(笑)でも大丈夫!

教会に入るために.jpg
ウスペンスキー大聖堂。ロシア語で「永眠」という意味で、カトリックにおける
聖母マリア被昇天教会です。ブルーの綺麗なネギ頭の教会です。

CIMG3280_640.jpg
聖堂内部はビッシリと絵が描きこまれています。
セルギエフ・ポサードの建物はどれも内部にイコンが描かれていますが
ウスペンスキーの聖堂のイコノスタシスが最も見事で荘厳そのものです。

CIMG3290_640.jpg
page4.jpg
アダムとイブの壁画などもあります。ガイドさんが十字の切り方を教えてくれました。
鐘楼は高さ88mあり建設当時はロシア一の高層建築だったそうです。

CIMG3304_640.jpg
すぐそばには聖水の湧き出る泉があります。ロシア正教の信者は
ここで聖水をいただきペットボトルで持ち帰ります。
女性のガイドさん、聖水を持ったまま、フワッと現れすぐ消えました?

page5.jpg
CIMG3411_640.jpg
17:00ホテル着。希望者でスーパーまで行きましたが、何も欲しいものはなく
夕食はホテルです。日本人の口には合いますが、量が多いですね。
夕食のビールで300ルーブル使って綺麗に使い切りました。
サラダ、パスタと鶏肉かつ、チーズケーキと紅茶です。

17-夜.jpg
最後の夜です。ゆっくりしてまたまた早めにお休みタイムです。





nice!(0)  コメント(0) 

4日目 サンクトペテルブルグ~モスクワ [旅行]

3日間泊まったHOLDAY INNともお別れです。
トランクを出して、朝7時出発、空港に向かいます。

CIMG2798_640.jpg
CIMG2805_640.jpg
CIMG2802_640.jpg
モスクワまで約1時間半、ガイドのスラブさんの出迎えを受けて
バスで市内観光。日本語は上手ですが、本当しゃべる、しゃべる[ふらふら]
しまいには歌まで歌い始めます。うるさかったら「シャラップ」と言ってくださいと
言ってましたが、言いたかった(笑)
昼食はマッシュルームのクリームスープ、ポーク焼き、ポテトサラダ、アイスクリームなど
ポーク焼きはカリカリとして美味しかった!

16-昼.jpg
赤の広場はロシアのモスクワの中心部にあり、クレムリンと共に世界遺産に
なっています。南西部にクレムリンの城壁があり、レーニン廟やグム百貨店
聖ワシリイ聖堂もあります。ともかく壮大です!!

1508412189206_640.jpg
CIMG3076_640.jpg
聖ワシリイ聖堂は1551年~1560年にかけてイヴァン4世によって建設されました。
カザン・ハン国は15世紀から16世紀にかけてヴォルガ川領域に
一大勢力を誇ったイスラム王朝です。カザン・ハンを捕虜として戦いに勝利した
記念に建てられたそうです。おとぎの国のような建物です。

CIMG3078_640.jpg
大阪のおばちゃん6人グループです。ノリのいい大阪ならではのおばちゃん
ガイドの説明や歌に合いの手を入れてノリノリ[わーい(嬉しい顔)]
スポーツクラブで顔見知りだけで名前も知らない人もいたそうで
すっかり仲良しになっています。こんな関係でも長い旅が出来るなんて??
もっとも最近は一人旅、相部屋可の人もいるのだから、皆さん勇気ありますね。

CIMG3301_640.jpg
グム百貨店、ロシア語で総合百貨店という意味だそうです。
巨大な百貨店、店舗数1200位あるそうです。1928年には全ての店舗が国営化
されたそうです。「物資貧乏を起こさない商店」としてソビエト連邦のショーウインド
の役割を果たしたそうです。楽しいものが沢山ありそうですが、そんなに時間は
ないので見るだけで楽しみました[るんるん]

CIMG3304_640.jpg
CIMG3094_640.jpg
ロシアにもフエルトおもちゃがあるんだとみょうに感動してみたり

page1.jpg
ペイントしてもらっている可愛い子供を眺めたり

CIMG3114_640.jpg
こんなデパートで買い物できる人ってどんな人なのか、ガイドさんに聞けば良かった!
車窓より救世主キリスト大聖堂。ナポレオンのロシア侵攻を防衛した
祖国戦争の勝利を記念して建てられました。

o0600045012652497366.jpg
ロシアの教会の頭はなぜだかネギ頭。
「オニオンドーム」とか「クーポル」とかの呼び名があります。
○雪の多いところだから、 屋根に雪が積もらないように。 との実利性。
○ろうそくの炎をかたどっており、
 祈りが神に届く様を表す。
 神様が天上に昇っていく様を表す。
 教会の中を精霊が飛び交う様を表す。 との宗教性だそうです。
ノボデヴィッチ修道院はモスクワにある正教会の修道院の中でも
有名な一つです。紅葉と建物が鏡のように映って綺麗です。

CIMG3134_640.jpg
ホテルに着くころは暗くなっていました。パチンコ屋のようなホテル
これが今夜のホテルコルストン。どうやら韓国系のホテルのようです。
韓国のスーパーがあったり、焼肉屋があったり、何だか落ち着かない

CIMG3155_640.jpg
CIMG3151_640.jpg
夕食はホテルのバーのようなところで、、、、
運んで来るのも遅いし、味も今一です。
ペットボトルのお水がどれも固くて固くて開かない[がく~(落胆した顔)]

16-夜.jpg
今夜もすぐにお風呂に入って寝ました。
本当毎日早く寝るので何とか疲れも取れますね。

CIMG3152_640.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

3日目 サンクトペテルブルグ市内観光~エカテリーナ宮殿 [旅行]

朝9:00ホテル発、市内観光です。曇りで気温も下がり少し寒い朝です。
青銅の騎士象、ペトロパボロフスク要塞。

CIMG2567_640.jpg
300px-Neva-StPetersburg2.jpg
地の上の教会。ロシア正教会、1881年にアレクサンドル2世が暗殺された地で
あることから、地の上の教会と呼ばれています。

CIMG3219_640.jpg
ここも黄葉がとってもきれいです[ぴかぴか(新しい)]

CIMG2582_640.jpg
CIMG2606_640.jpg
お土産屋さんに行きます。ロシアの有名な民芸品、マトリョーシカだらけです。
小さいものから大きなものまで、値段も結構高いです。
ロシア特有の人形、実は日本が発祥だそうです。
1890年代、ロシア正教の神父が、箱根の名産品だった七福神の入れ子人形を
持ち帰り、それがアイディアのもとになったそうです。

CIMG2617_640.jpg
スターバックスのロシア限定品を買いに行く人が沢山です。
1個2800円位とか~お土産に沢山買っている人もいました。
私たちは興味なし!皆さん良く調べていますね。

IMG_9235-1024x682[1].jpg
二人で公園を散策、ハロウィンの飾りを見たり、可愛い子供を見たり~

CIMG2622_640.jpgCIMG2611_640.jpgCIMG2621_640.jpgCIMG2619_640.jpg
ランチはミニフォークロアショーを見ながら食べます。
素敵な音楽、歌声で楽しいショーでした。

page5.jpg
今回最高齢の84歳の男性一人旅、昨年奥様を亡くされて写真を持参の愛妻家。
スキー、卓球、陶芸などなど多趣味でいずれもプロ級とか
足も腰もしっかり、最後まで疲れた様子もなくお元気でした。
こうして84歳まで一人で出れるのも、今まで海外旅行され続けてるからかな?

CIMG2660_640.jpg
私もやっぱり頑張ろう[わーい(嬉しい顔)]
今回の食事で一番美味しかった!ワインもウォッカも飲み放題!!

page1.jpg
残りをお酒好きな人、お持ち帰り[exclamation]

page2.jpg
レストラン付近は白樺林です。

CIMG3253_640.jpg
CIMG2690_640.jpg
午後からエカテリーナ宮殿に向かいます。
エカテリーナ宮殿の歴史は18世紀初めピヨートル大帝が彼の后、後のエカテリーナ
に与えた夏の離宮に始まります。素晴らしい豪華な大きな建物です。

CIMG2691_640.jpg
CIMG2769_640.jpg
CIMG2765_640.jpg
ここもコートや荷物を預け、靴カバーも履きます。

CIMG2696_640.jpg
CIMG2721_640.jpg
大広間(舞踊の間)どこも豪華絢爛、金ぴかの世界です。
いつの時代も権力者は贅を尽くした生活をしますね。

IMG_20171019_000841_640.jpg
大広間。皇帝一家の食事の間(白の主食堂)

CIMG3259_640.jpg
page1.jpg
有名な琥珀の間は撮影禁止!ネットからです。
壁一面が琥珀の装飾で覆われています。

yjimage.jpg
綺麗なミントグリーンのウエッジウッドの部屋。

page3.jpg
キューピットの像、マイセンの壺、天井画などなど素晴らしい[exclamation×2]

page2.jpg
page5.jpg
page6.jpg
しっかり目の保養した後、外の紅葉も綺麗です[ぴかぴか(新しい)]
黄葉が多いのですが、珍しく綺麗な紅葉が見れました。

IMG_20171015_162617_640.jpg
page3.jpg
今夜の夕食は壺焼きシチュー、デザートはリンゴの焼いたもの
生のような、焼いてるような中途半端で美味しくない[ふらふら]
ロシアはリンゴは青りんごです。

page1.jpg
ホテルについて隣のスーパーをのぞいて、お土産のチョコなど沢山買って
トランクに詰めました。これで安心!従妹は会計、今日のメモなど
本当楽させてもらって、トランク整理したらさっさと寝て~有難いです。

CIMG2792_640.jpg
CIMG2797_640.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

エルミタージュその2 [旅行]

午後からまた美術館鑑賞です。
ラファエロの回廊「ヴァチカン」の宮殿回廊が「複製」されたようです。
ラファエロの間です。

27_640.jpg
19_640.jpg
28-1.jpg
ロシアに初めてセーブル磁器がもたらされたのは1757年で、ルイ15世から
ロシア宮廷の贈り物の中に含まれていました。
マイセンなどの素晴らしい作品も沢山あります。

31-1.jpg
22.jpg
空中庭園です。
30.jpg
展示室の調度品にも目を惹かれます。豪華なシャンデリア
トルコ石の大きな壺、テーブル、蝋燭立てなどなど、天井や床などの装飾も
素晴らしく見惚れてしまいます。

21_640.jpg
レンブラント、ルーベンス、ゴヤ、ヴェラスケス、エル・グレコなどなど
有名な絵が沢山です。

23.jpg24.jpg25.jpg
CIMG2457_640.jpgCIMG2476_640.jpg
1764年にエカテリーナ2世がドイツから美術品を買い取ったのが
エルミタージュコレクションの始まりです。
その後歴代のロシア皇帝が美術品を収集、ロシア革命後は貴族、商人から
没収されたコレクションも集められ巨大な国立ミュージアムになったそうです。
モネ、ピカソ、ルノアール、セザンヌ、マチス、、、、名画が沢山あります。

36.jpg37.jpg38.jpg
宮廷大教会。素晴らしいゴールドの細工です。

28_640.jpg
最後は秘法室(ゴールデンルーム)は3班に分かれて見学です。
撮影禁止、素晴らしい金の細工が沢山ありました。
6時間近い美術館見学、15,000歩も歩いています。

3_640.jpg
CIMG2513_640.jpg
本当疲れました!!外に出ると夕日がきれい!

CIMG2541_640.jpg
夕食はコールスローサラダ、キエフ風カツレツ、ケーキ、紅茶です。
こちらの紅茶はお湯が出てきます。その中にティーパック!
お水は毎食無料でついてきます。

page.jpg
その後エルミタージュ劇場でバレエ鑑賞です。
中国人が多くて、フラッシュをたくのでカメラ禁止になりましたが
スマホはOKです。どこでもマナーの悪い中国人です[ちっ(怒った顔)]
白鳥の湖、綺麗な素晴らしい舞台ですが、疲れてかなり眠っていたようです。

page4.jpg
page3.jpg
帰りに「日本人ですか?僕は道化師で踊りました」と声をかけてきた男の子
皆さん大喜びで一緒に写真を、、、、私記憶が???
眠っていたようで、従妹に大笑いされましたが、皆さんには見たふりをしました(笑)
本当記憶がないんです[もうやだ~(悲しい顔)]

IMG_20171014_214711.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

2日目 エルミタージュ美術館~バレエ その1 [旅行]

早く寝たので朝5時前には目が覚めます。従妹の入れてくれた温かいコーヒー
と空港で買ったおにぎり美味しい[わーい(嬉しい顔)]
二人で沢山おしゃべりして、朝の散歩に出かけます。

CIMG2357_640.jpg
といっても見るものはあまりない。ホテルの斜め向かいがゴルバチョフのお家とか
現在86歳だそうです。ホテル近くには大きな凱旋門が建っています。
凱旋門はトルコとの戦勝記念にニコライ1世が建てたものだそうです。

12_640.jpg13_640.jpg
7時から朝食、バイキングですが味は口に合います。ヨーグルトが美味しい!

10.jpg
9時半出発まで時間があるので二度寝しました(笑)こんなゆっくりの朝も良いですね。

バスでエルミタージュ美術館に向かいます。
車は渋滞、ロシア人は働くのが嫌いなので、渋滞に巻き込まれて
会社に遅れて行くために車を持つのだそうです。
平等世界だと一生懸命働いても同じなら、、、、ということなのですかね?
サンクトペテルブルグは帝政ロシアの首都、水の都、大阪の姉妹都市です。
まずはイサク聖堂に行きます。1858年に建った世界最大の教会建築の一つです。
名はビザンチンの修道士に由来。地震がないので建物の外側は19cのままです。

CIMG2368イサーク大聖堂_640.jpg
デカブリスト広場にあるピヨートル大帝像。大きな石台の上に乗った馬の足もとには、
権力の象徴といわれる蛇が這っています。
大帝は北方戦争で戦ったスウェーデンをにらんでいるのだとか、、、

CIMG2369_640.jpg
ガイドはワニムさん、日本語も上手なイケメンです[揺れるハート]
添乗員さん34名の人数確認大変!毎日こんな姿が見れます。
31歳の真面目な誠実そうな男性ですが、毎日大変です。

2.JPG
5_640.jpg
エルミタージュ美術館はネヴァ川沿いに冬の宮殿と小エルミタージュ
新エルミタージュ、旧エルミタージュ、エルミタージュ劇場の順に5つの建物で
構成されています。5つの建物は廊下で結ばれていて展示室は1500を超え
すべて回ればざっと22kmになるそうです。
パリのルーブル、ニューヨークのメトロポリタン、ロンドン大英博物館と共に
世界4大美術館と言われていますが、エルミタージュ美術館の
スケールの大きさにはビックリしました[exclamation×2]

IMG_20171014_102247_1600_640.jpgIMG_20171020_132237_1600_640.jpg
美術館の中はA4サイズ以上のバック、リュツクは持ち込めません。
ロシアならではいつもコートを預けます。

7_640.jpg
無数の外国大使を出迎えた正面階段は「大使の階段」と呼ばれています。
豪華絢爛、素晴らしい装飾です。

8_640.jpg9_640.jpg
大使の階段を上がり将軍の間に、素晴らしいドレスが沢山!
ウエストが細すぎ~下着で締め付けて倒れることもあったそうです。

12.jpg
重要な儀式の行われた「王座の間」ロマノフ王朝の紋章、双頭の鷲が刺繍してあります。

16_640.jpg
ピョートル大帝の間、金箔の柱が並ぶ紋章の間。

15_640.jpg
20_640.jpg
11_640.jpg
パヴィリオンの間にあるからくり時計です。18世紀の技師コックス作。
定刻になると羽を広げる優れものです。

14_640.jpg
床は古代ローマのモザイク画が施されています。

CIMG2421_640.jpg
1812年祖国戦争の画廊、ナポレオン戦争時代の肖像画です。
広い美術館なので沢山歩いて疲れます。座って説明を聞く時間、ホッと一息です!

17.jpg
ダヴィンチの間。「ブノアの聖母」「ダナエ」「懺悔するマグダラのマリア」など
有名な絵が沢山ありますが、何が何だか?

CIMG2432_640.jpg
CIMG2438_640.jpg
CIMG2436_640.jpg

まだまだ続きます。何しろ6時間美術館の中ですから、いかに広いかが~
昼食は美術館のティルームでサンドイッチとケーキ、コーラを食べました。

26_640.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

ロシアの旅 横浜~1日目モスクワ~サンクトペテルブルグ [旅行]

ジャストタイミングで従妹からロシアのアルバムが届きました。
後半をDVDに焼いてアルバムのページもきちんと入れて
(私また忘れた~悲)完璧な人です!

CIMG3459.JPG
CIMG3457.JPG
二人のを合わせて43枚の素敵なロシアの旅アルバム完成です。
ガイドさんの話やネットからの情報を取り入れて
下手なガイドブックより楽しくて素敵と自画自賛してます(笑)

CIMG3455.JPG
こんなことができるのも従妹とだからこそ~昔PCの先生をしてたこともあるし
私がPC始めたのも従妹に刺激されたのだし、つくづくPCができて
良かったなと思います。最近は事前ウエブチェツクインも増えています。
今回も従妹がとってくれました。これからはネットが出来ないと生きていけない時代
になるかもです。私も死ぬまでPCを駆使するおばあさんでありたい[わーい(嬉しい顔)]
従妹との旅も今回で13回。夫とも含めて32回、43か国を回りましたが
あと7か国を目標に、、、、80歳近くになるかもですが、、、、
従妹という頼りにできる最高のパートナーがいるのでなんだか達成できそうな(笑)
ブログにもロシアの旅を綴って再び旅を楽しみます[るんるん]

12日、お昼前の飛行機で羽田まで、新横浜でおばさんに迎えてもらって
おばさん宅へ行きました。いつも電話でも話しているのに、おしゃべりは
とどまることなく、料理上手なおばさんの料理の写真も撮らず残念[もうやだ~(悲しい顔)]
楽しい一時を過ごしました。

13日朝5時に車で成田に向かいます。高速が通ったとか~スイスイ走る従妹
唯一、気を抜いて、安心してついていける人です。
早く着いたのでコーヒータイムをして、搭乗手続きなどなど
1万円づつルーブルに両替、最近は本当にお金を使わくなりました。
今回の旅は大阪から12名。合計34名の大所帯です。
最近は一人旅の女性が増えています。プレミアムシートやビジネスでの人も12名
リッチですね!久しぶりのJAL、座席も広くなって楽になってますので
私たちはそんな贅沢するよりは、もう1回行きたい(笑)

3_640.jpg
1-1_640.jpg1-2_640.jpg
しばらくするとおつまみとジュースが出てきます。

5_640.jpg
そして食事も、有名なシェフ協賛のとか、以前に比べて美味しくなってます。
ハーゲンダッツのアイス、嬉しいね[るんるん]

6.jpg
CIMG3130_640.jpg
モスクワまで約10時間とヨーロッパに比べて楽ですね。

7_640.jpg
最後にサンドイッチ、もう食べられませんが皆さんよく食べています。

8-2.JPG
黄葉が一面に、綺麗なんだろうな!ワクワクです。

8-1_640.jpg
モスクワで乗り換えてサンクトペテルブルグへ、手続きに手間取りますね。
疲れます~またまた食事が、、、、

CIMG3136_640.jpg
1時間余りで到着。バスでホテルに向かいます。
HOLDY INNどこかで泊まったことがあるような?
ここのホテルはグリーンがメインカラーのようです。
広さもまずまず3連泊なので助かります。
従妹覚書などもろもろしてますが、お風呂に入って私は速攻寝ました。有難い!!

9.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

悲しみ二つ [生き方]

私がロシアに行っている間に母の大親友、97歳のおばさんが亡くなられていました。
家族葬だけど、母だけ葬儀に参加して火葬場にも行って最後のお別れをしたようです。
家族の方、竹の骨壺もとっても素敵と喜んで下さって
私もお世話になったおばさんの最後のお家を作ってあげれて良かったです。
4か月、優しい息子さんに支えられて幸せな最後を迎えられました。

21317849_718653584991313_4074167413615275148_n.jpg
そして一昨日は私の大親友のお母さんが亡くなられました。
入退院を繰り返して1年半、苦しい辛い日々だったと思います。
しかし毎日のように優しい二人の娘が訪問して
辛いけど幸せな日々だったのではないでしょうか?
本当に親孝行な友達です。悲しいけどお母さん、苦しさから
解放されたと思ってあげてくださいね。
数日前に骨壺に名前を入れてと頼まれていました。
自分では苦しくて辛くて描けないというので、お母さんの口癖「ありがとうね」と
名前を描いて焼成してる時に天国に旅立たれました。
家族葬なので、昨日お悔みに行って最後のお別れをして骨壺を届けました。
何だかいつもタイミングよく出来上がる、不思議です?
葬儀場の方がこんな素敵な骨壺見たことがないと言ってくださったそうです。
この頃は遺影の写真の額もピンクが選べます。
何だかぴったり合いました。優しいお母さんにピッタリ、喜んで頂けそうです!
安らかにお眠りくださいね。

CIMG34601.JPG
何度も一緒に食事したりおしゃべりした日が懐かしく思い出されます。
悲しいことが続くと辛いですが、人は永遠ではないし、寝付いて生きながらえる
こともより辛いし寿命と納得せざるをえませんね~~ご冥福をお祈りします。        
                                  合掌




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -