So-net無料ブログ作成

山口の旅 [旅行]

無料宿泊券を頂いたので久しぶりに山口方面に出かけました。
まずは角島へと思いましたが、もう一度角島ブルーを見たかったので
曇りなので秋吉台方面を先にすることに、、、、
高速を美祢まで走って長門方面に向かいます。
約2時間位で秋吉台へ到着。50年ぶり位だわ[がく~(落胆した顔)]
カルスト台地の風景!

CIMG4720_640.jpg
IMG_20180417_115113_640.jpg
クロアチアですごい洞窟を見て以来他の洞窟には入る気がしないので
秋芳洞はパスしました。長門に向かう途中「香月泰男美術館」があったので
と思うと休館日、残念[もうやだ~(悲しい顔)]

page7.jpg
そのまま長門へ直行です。丁度プレオープンのセンザキッチンへ。

CIMG4741_640.jpg
page.jpg
ここから青海島への遊覧船が出ています。
私は昔乗ったのでパス、夫のみ乗ります。時間があまりないので
簡単にお昼を食べて、やはり海鮮は新鮮で美味しい!

page5.jpg

1時間半の船ですが結構揺れたそうで乗らなくて良かった。

page6.jpg
その間私はお店をブラブラ覗いてました。

IMG_20180417_133059_640.jpg
その後今夜の宿の湯田温泉に向かいますが、途中萩を通るので
松下村塾、松蔭神社へ、車だとこんな寄り道できるので良いですね!

CIMG4785_640.jpg
CIMG4788_640.jpg
山口に行き瑠璃光寺へ行きました。ここはいつか行きたいなと思っていたところ[わーい(嬉しい顔)]
桜の時期が良いのかもしれませんが、新緑の中の瑠璃光寺も素敵です。
瑠璃光寺名前も素敵です[ぴかぴか(新しい)]

CIMG4799_640.jpg
CIMG4808_640.jpg
近くのザビエル教会も行って見ましたが、中には入れませんでしたが
ネットから見るとステンドグラスが綺麗ですね。

CIMG4829_640.jpg
03d4b_0003330409_3.jpg
真っ赤なつつじ綺麗です。

CIMG4823_640.jpg
夕食に良い時間になったのでホテル食は同じようなものなのでパスして
ホテル近くの居酒屋で好きなものをチョイスしました。

page.jpg
平日なのでどこも少なくてゆっくりできます。ホテルに入りお風呂も一人貸切(笑)
湯田温泉の源泉かけ流しの露天風呂も楽しみました[るんるん]
大きなユウベルホテル松政です。

CIMG4862_640.jpg
翌日は朝7時半には出発、霧がかかっていますが、次第に晴れてきました。
角島まで約1時間半、とっても良いお天気になってきました。
9年前に来て素晴らしい角島ブルーに感動しましたが
今回も本当に綺麗なブルーが広がってきました。

IMG_20180418_102807_800.jpg
青い空、海、白い砂、見事な風景が開けます。

IMG_20180418_102541_800.jpg
CIMG4913_640.jpg
灯台までこんなに遠かったっけ?夫登ってましたが、しんどかったと~

CIMG4902_640.jpg
CIMG4889_640.jpg
IMG_20180418_102851_640.jpg
ロケ地にもなってます。綺麗な夕日も眺めてみたいな!

page6.jpg
西長門リゾートホテルにも寄ってみました。

page0.jpg

その後元乃隅稲荷神社へ。ここ数年有名な観光地になってツアーに
入っています。角島もここもインスタ映えすると人気のスポットです。
青い空に赤い鳥居が映えますね!

IMG_20180418_122016_640.jpg
IMG_20180418_122747_640.jpg
IMG_20180418_123822_800.jpg
再度長門へ向かい、昨日と同じ道を走るので「香月泰男美術館」へ寄ってみました。
洋画家、香月泰男は、自らが体験した太平洋戦争とシベリア抑留をテーマとする
一連の油彩画、いわゆる「シベリア・シリーズ」によって
洋画壇に確たる地位を築いた。
戦後の洋画家で最も成功したうちの一人と言っても過言ではないそうです。
ここは見たかったのでリベンジできて良かった。

IMG_20180418_195420_640.jpg
IMG_20180418_195435_640.jpg
その後美祢インターから高速を走り5時半には我が家到着。
チョイスしたルート大成功で満喫出来た1泊2日の山口の旅でした。
ツアーも良いけど自分で企画して行く旅も面白い[わーい(嬉しい顔)]
高速道路もできたおかげで、またどんな田舎に行っても綺麗な道になって
快適なドライブが出来ます。走行距離630kmもあっという間でした。
しかし車で長距離を走れるのもいつまでかな??










nice!(0)  コメント(0) 

大塚美術館ツアーその2 [旅行]

上の階に行くとモネの「大睡蓮」の庭園が素敵に再現してあります。

IMG_20180324_132315_640.jpg
水連.jpg
周りの池には睡蓮の花が咲くそうです。

最後の晩餐、戴冠式、ヴィーナスの誕生、夜警、モナリザ、クリムト、、、、
沢山の名画が本物そのままです。色々な国の美術館で沢山の名画を見ましたが
もう一度見たくなったらここに来れば良いですね!!

page3.jpg
1page.jpg
2page.jpg
page4.jpg
有名なムンクの叫び!なりきっています(笑)

page6.jpg

パブロ・ピカソの大きなゲルニカもありました。

IMG_3314_640.jpg
3page.jpg
4page.jpg
ミレーの「落穂拾い」はIさんが陶芸で制作したことがあり感激してました。
次は「笛を吹く少年」に挑戦すると意欲をそそられてます。恐るべし77歳です。
今度は名画に挑戦!皆で磁器に絵付けをしてみたいですね。

page5.jpg
転写紙を作りそれを陶板に貼って、大きな窯で1300度で焼く、そんな
工程を見てみたいなと思います。

1階の庭園からは鳴門の海、淡路島が見えます。

IMG_3311_640.jpg
日本で一番入場料が高い美術館、3240円というのもこんな素晴らしい
名画が一同に見れるなら納得です。
趣味の同じ仲間との日帰りツアー、たっぷりと名画に浸った
楽しい旅でした[わーい(嬉しい顔)]また企画しましょうね[exclamation×2]











nice!(0)  コメント(0) 

大塚国際美術館ツアー [旅行]

いつかは行きたいなと思っていた鳴門の大塚美術館へ。
暖かくて、お天気も最高の土曜日、絵画好きな友6人で大人の遠足です。
山陽道を走り、30年前に住んでいた児島の町を右手に瀬戸大橋を
渡り鳴門まで約4時間の旅[るんるん]
バスの中ではお菓子が次々回ってきます[わーい(嬉しい顔)]

IMG_20180324_102010_640.jpg
11時半にはルネッサンスリゾートナルト
(阿波の味覚がズラリ並ぶうまいもんバイキング)で昼食です。
お寿司やお刺身、てんぷら、讃岐うどんなど等
美味しい和食にお腹一杯[exclamation]
女6人、楽しい仲間との旅はおしゃべりも弾んで楽しいね[るんるん]

IMG_20180324_113324_640.jpg
香川はうどん県です。

IMG_20180324_103229_640.jpg
鳴門海峡の橋の近くに大塚国際美術館があります。
ここは地下3階から、長いエレベーターで登って行きます。
IMG_20180324_143106_640.jpg

IMG_20180324_123959_640.jpg
IMG_20180325_093426_640.jpg

本物の絵は長い年月に朽ちたり変化しますが、陶板で焼いた絵は1000年
2000年経っても変化しない、そのままの状態を保てるとの思いから
1000点もの世界の名画が出来てるなんて、本当にすごいですね[exclamation×2]
写真を撮っても触っても変色しないので大丈夫なのです。
レプリカだからなんてとたかをくくっていましたが、、、、傷や汚れに至るまで
本物と同じに再現できるのですからその技術の高さに驚きます!

まずは学芸員の方の1時間の案内で主な絵画の説明を受けます。

IMG_20180324_123628_640.jpg
B1からB3まで古代~中世~バロック~近代へと絵画が飾ってあります。
システーナ・ホール20数年前にイタリアのバチカンのシスティナ礼拝堂を
見ましたが素晴らしい天井画が再現してあります。

IMG_20180324_131130_640.jpg
システィナホール.jpg
鳴門は第九発祥の地とか、毎年第九の合唱がこのシステーナホールで
開かれるそうです。素晴らしい歌声が響くんでしょうね。
こんな時期にも来てみたいですね!

134234914647113211392_2012_0715_132323.jpg
開館20周年を記念して花瓶に入ったゴッホのひまわりを陶板で再現した
7つのヒマワリが3月21日から鑑賞できます。ラッキーでした!!

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
そんな記念に黄色のヒマワリコーナーがあちこちに見れます。

page.jpg
フェルメールの作品も沢山ありました。

フェルメール.jpg
「牛乳を注ぐ女」陶芸で作ったIさん大喜びです。
「真珠の首飾りの少女」額に入って3人で撮影[ぴかぴか(新しい)]
頭に巻く青いターバンがあるのを後で気づきました(笑)

IMG_3328_640.jpg
IMG_20180324_144829_6401.jpg
エル・グレコの祭壇、スロヴェーニ礼拝堂、秘儀の間など

IMG_3241_640.jpg
IMG_20180324_130502_640.jpg
スクロベーニ礼拝堂.jpg
IMG_20180324_125813_640.jpg
館内を歩くと約4㎞の広さだそうですが、絵画を見ながらだと感動して
あまり疲れを感じませんが、、、、こんな場所で世界の名画が見れる
美術館を作る発想に驚きます[exclamation×2]















nice!(0)  コメント(0) 

長崎ランタン祭り [旅行]

朝日も綺麗です。虹の松原を遠くに見ながら朝食です。朝はバイキング!

page1.jpg
6.jpg
9時出発なのでホテルの売店でお買いもの、最近のホテルは安くて
素敵な洋服があります。色々試着してゲット~楽しいね[るんるん]
バスで長崎市内に向かいます。途中有田ポーセリンパークへ。
ここも昔来ましたが寂れていますね~高い食器が売れなくなったものね。

CIMG3650_640.jpg
素敵な陶器が沢山あります。ペイント仲間喜ぶだろうな!

page2.jpg
希望者は自由に市内見学、ランタン祭り見学です。
まずは大浦天主堂、グラバー亭へ、50年ぶりです。
工事中でしたが、なんだか寂れているような??

CIMG3660_640.jpg
エスカレーターがついていて登りが助かります。
CIMG3663_640.jpg
しかしこんなだったかなぁ~寂しい雰囲気のグラバー亭でした。

CIMG3672_640.jpg
page3.jpgIMG_20180224_124950_640.jpg
恒例のお買いものツアーはカステラ屋さんです。
試食のみですみません[もうやだ~(悲しい顔)]

DN043559_photo01.jpg
最近両方を見た友一人が自由行動。中華街辺りををブラブラしてて有名な
元祖茶碗蒸しのお店「吉宗」に並んでいるよとラインが入りました。
グルメな彼女、よく知ってるんですよね~すごい行列とか
見学後タクシーで駆けつけるとピッタシ席に座れました。
創業150年のお店の味やいかに??大きくてとっても美味しかった[わーい(嬉しい顔)]
お寿司も美味しくて満足の昼食となりました。いつも沢山の行列だそうです。

page6.jpg
CIMG3675_640.jpg
その後商店街を歩くとランタン祭りの飾りが綺麗[ぴかぴか(新しい)]

CIMG3676_640.jpg
CIMG3678_640.jpg
CIMG3679_640.jpg
皇帝パレードも始まりました。今年は皇帝役:長崎大学学長 河野 茂さん
皇后役:欅坂46 長濱ねるさんだそうです。若い人キャーキャー言ってます。

5.jpg
1519479563630_640.jpg
page4.jpg
中華街には行列のお店も沢山。
グルメの友がまたまたハトシなるものを食べさせてくれました。

page7.jpg

沢山の人並みに押されながらメイン会場など回りました。
奥には関羽(かんう)が祭られています。(※三国志に出てくる有名な武将の1人)
関羽は商売繁盛・金運招来の神様として奉られています。
豚の頭にしっぽが刺してあるんですが、これはあなたのために
豚一頭を頭からしっぽまで丸ごと料理いたしました。
どうぞお召し上がりください。というお客様を歓迎する意味が込められているそうです。
中国で、豚は子孫繁栄の象徴として、春節には欠かせない大切なものなんだそうです。

1519511671274_640.jpg

IMG_20180224_152022_640.jpg
CIMG3717_640.jpg
CIMG3738_640.jpg
松本明子さんたちがBSのロケに来ていました。

CIMG3743_640.jpg
page9.jpg
page8.jpg
夜のランタンが見れなくて残念でしたが、こんな雰囲気だそうです。

image.jpg
二日間沢山歩いたのでとっても疲れました。
70歳も過ぎたおばあちゃん、いつまでこんな旅が出来るか不安ですが
元気でいなくちゃあどこにも行けませんね。
念願の新生ハウステンボスも見れたし長崎ランタン祭りも一度見たかったし
満足の旅となりました。博多でと新尾道で別れる友とサヨナラして~~
次回はどこに行こうかな??







nice!(0)  コメント(0) 

ハウステンボス&長崎ランタン祭りの旅 [旅行]

20年ぶりにハウステンボスに行ってきました。
昔と同じメンバー同級生4人ですが、年月がたつと本人や夫の病気で二人参加できなくなりました~[もうやだ~(悲しい顔)]
こだまで新尾道からと広島組二人、中津の友と博多で合流、35人、2班のツアーです。
「世界一の光の祭典ハウステンボス光の王国と長崎ランタンフェスティバル」
3万円は安い[exclamation×2]
博多からハウステンボスまでバス移動。綺麗なチューリップが出迎えてくれました。

3.jpg
CIMG3578_640.jpg
昔の美女の面影??
オレンジやピンクの派手な服でもごまかせない年齢になりましたね(笑)


CIMG3576_640.jpg
夜のチューリップのライトアップです。

CIMG3585_640.jpg
1519511699981_640.jpg
ゴミ箱もオランダのお家です。

CIMG3589_640.jpg
経営者が変わり、昔より数段に良くなったと言われてるハウステンボス
ライトアップするまで散策しましたが、コンサートもショボイものだし
昼間の街中はあまり面白いもの見当たりません。

1519511761446_640.jpg
8.jpg
疲れたのでホテルヨーロッパで少し早目の夕食をかねてお茶しました。
素敵なホテルでゆっくりできて正解でした。

5.jpg
黄金の館で数億円の金塊を見て、ハウステンボスで一番高いドムトルーンに
上りました。全体を眺めて日が暮れるのを待ちましたが
夕日を眺めて少しずつ点灯し始めたのを見てパレスハウステンボスに向かいます。

1519511757247_640.jpg
page7.jpg
page1.jpg
1519484755704_640.jpg

宮殿の裏側も綺麗にライトアップされてます。

1519484787980_640.jpg
日本最大110m!ワイド4K超の宮殿3Dプロジェクトマッピングが始まりました。
宮殿を背景に白雪姫の巨大ショー楽しめました[るんるん]
綺麗な写真撮れませんが、、、、

page9.jpg
帰り道の素晴らしいライトアップ!!光の海綺麗です。
これが話題になった新ハウステンボスなのですね。年々進化してるそうです[ぴかぴか(新しい)]
パレードも始まりました。

1519511704348_640.jpg1519484796978_640.jpgIMG_20180223_191909_640.jpgIMG_20180223_192222_640.jpgIMG_20180223_192348_640.jpgIMG_20180223_192643_640.jpg
その後唐津市内で宿泊、唐津ロイヤルホテルです。
お風呂に入ってビールを飲んでおしゃべりタイムですが、20年前と違って
早い就寝タイムになります。年だなぁ~~~





nice!(0)  コメント(0) 

6日目 モスクワ・クレムリン~帰国 [旅行]

モスクワ観光最終日です。朝食は同じバイキング、朝シャンならぬ朝のシャンパンで
乾杯!昨日もあったそうですが、お酒好きの皆さん良く知っていますね。

18-朝.jpg
立つ鳥あとをにごさず。ベッドも綺麗に整えて~何でも早い二人、トランク出したら
時間たっぷりあります。毎日のようにゆっくり二度寝もできました。

CIMG3332_640.jpg
ガーガリン宇宙の像、フランス大使館、プレジデントホテルなどなど
大きな建物を見ながら街中を走ります。

CIMG3382_640.jpg
CIMG3387_640.jpgCIMG3384_640.jpgCIMG3385_640.jpg
モスクワはバイクや自転車は少ないですが、車は4540万台とか。
いつも大渋滞、要人の出入りがあるたびに急に信号も変わるそうです。
車は90%が外国製です。特に日本の車は長く乗っても壊れないので人気だそうです。
車は洗わないそうで汚い!雨や雪、解けた泥ですぐ汚れるからとか
年を取ると国から年金が月に1万ルーブル(23000円)もらえます。
それでは生活出来ないので、皆別荘に移り(といっても小さな汚いもの)
ピクルスなどの保存できるものを作って、自給自足の生活をするそうです

クレムリンはロシア語で「クレムリ」といい、これは城塞という意味です。
そのため、中世のロシアでは、各地にクレムリが存在しました。
その中でも最も大きなものが、モスクワのクレムリです。
クレムリンは南にモスクワ川が流れており、北東に赤の広場、
北西にアレクサンドロフスキー公園があり、それらに囲まれた
三角形の敷地の中にあります。
城壁は長さが2.25㎞あり、城門は20、塔が20あります。面積が約26haで
その中に多くの宮殿と聖堂が建てられています。

CIMG3454_640.jpg
クレムリンの周りでまたまた黄金の秋を満喫しました。
綺麗な真っ赤な実です。

CIMG3346_640.jpgCIMG3376_640.jpg
大クレムリン宮殿。

クレムリン大宮殿.jpg
武器庫に入ります。1720年にピヨートル大帝の命で美術館になりました。
ここは撮影禁止なのでネットから画像をお借りしました。
素晴らしい宝飾品、武器です。

img_10.jpg
tsarina-s-dress.jpg
photo4jpg.jpg
P1010087-2b425.jpg
ウスペンスキー大聖堂。1479年イタリア人アリストートルによって
設計・建築されました。
こちらも5つの丸屋根があり、皇帝の戴冠式に使用されていました。

ウスペンスキー大聖堂.jpg
要人がお祈りしたのか、神父さんの集まりがあったのか、沢山の人が出てきました。

CIMG3361_640.jpg
ブラゴヴェシチェンスキー大聖堂。1489年に建てられた皇帝や皇后の
私的な礼拝所です。丸屋根は9つあります。

CIMG3357_640.jpg
鐘の王様(鐘の皇帝)
大聖堂広場の中心にあり、高さは80mを超え21個の鐘が設置されています。
鐘楼の前には「鐘の皇帝」と呼ばれる重さ200tの巨大な鐘が展示されています。

CIMG3371_640.jpg
大砲の皇帝
武器庫の前に、大砲の皇帝と呼ばれる大きな大砲が展示してあります。
1586年にスパスカヤ塔の門を守るために造られましたが
結局今まで一度も使われたことはありません。
口径890㎜、重さ40tもあり、観光客の撮影スポットとして人気があります。

CIMG3374_640.jpg
クタフィヤ塔(出入り口)

CIMG3425_640.jpg
その後モスクワ空港に向かいます。日本まで9時間20分の旅です。
出発を待つ間に最後のアイスクリームを食べました。

CIMG3391_640.jpg
CIMG3392_640.jpg
CIMG3393_640.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

5日目 黄金の輪のセルギエフ・ポサード~マトショーリカの絵付け [旅行]

今朝も早く目が覚めて温かいコーヒーを飲みながら沢山おしゃべりしました。
朝食はバイキング、パンも充実しててマカロン大好きな私、嬉しくて沢山食べました。
オムレツも焼きたて美味しい!その後朝の散歩です。

17-朝.jpg
CIMG3181_640.jpg
最後まで黄金の秋を堪能!枯葉を掃除機のようなものでお掃除してる人も~

CIMG3194_640.jpg

クリが沢山あるのでクリ広い。ナイロンに入れてそっと持って帰りましたが
ゆがいて口に入れたら苦くて吐き出しました。毒クリだったら大変[ふらふら]

page1.jpg

ピンクの柏葉紫陽花が綺麗です。

CIMG3187_640.jpg
食後マトリョーシカの絵付け工房に行きます。ロシアでは一番有名なものですね。
もう一つロシアのペイントにはジョストボという技法があります。
どちらも手描きなので結構高いものです。

CIMG3129_640.jpg
以前トールペイントで描いたことがあります。

オークション3.JPG
絵付け体験前に色々説明を聞き、マトリョーシカのできる工程を見せてもらいました。

page3.jpg
いよいよ絵付け体験です。ペイントはやったことがあるので簡単と思いましたが
絵具も筆も使いずらくて上手く描けません。
水彩絵の具のようで、帰ってアクリルで描いたらスイスイ描けて楽でした。
皆さん楽しそうに~男性はこんなの嫌じゃあと言って投げ出す人もいましたが
楽しい絵付け体験でした[exclamation×2]

page2.jpg
完成品を一つ買いました。

CIMG3412_640.jpg
無地のマトリョーシカが売っていたので友達のお土産も含めて10個買いました。
従妹に2個頼まれて描きましたが、孫は買ったのより
私が描いたのを取ったそうです(笑)
きっと目が強いのでしょう。どのマトショーリカもビックリするような大きな目です。
沢山描くので大変と思いましたが、楽しくなってはまって3個描いてしまいました。

4.jpg
page2.jpg
page3.jpg
ペイント仲間がどんなのを描くか楽しみです[るんるん]
2時間余りの絵付け体験でした。
昼食はセルギエフ・ポサードで、チキンスープ、ロールキャベツ、クレープです。

17-昼.jpg
モスクワの北東部に「黄金の輪」と呼ばれる古い都市がいくつもあります。
中世以来、ロシア諸国の首都など重要な役割を果たした場所です。
いずれも城塞や修道院、教会と町並みで構成され、ロシアの宗教、芸術、建築などの
文化揺藍の地となりました。中でもセルギエフ・ポサードは
ひときわ美しい宗教都市です。ネットから借りた街並みです。

セルギエフ・ポサード_640.jpg
食後は歩いて散策です。教会に入るにはスカーフかベールが必要です。
私またまた忘れました(笑)でも大丈夫!

教会に入るために.jpg
ウスペンスキー大聖堂。ロシア語で「永眠」という意味で、カトリックにおける
聖母マリア被昇天教会です。ブルーの綺麗なネギ頭の教会です。

CIMG3280_640.jpg
聖堂内部はビッシリと絵が描きこまれています。
セルギエフ・ポサードの建物はどれも内部にイコンが描かれていますが
ウスペンスキーの聖堂のイコノスタシスが最も見事で荘厳そのものです。

CIMG3290_640.jpg
page4.jpg
アダムとイブの壁画などもあります。ガイドさんが十字の切り方を教えてくれました。
鐘楼は高さ88mあり建設当時はロシア一の高層建築だったそうです。

CIMG3304_640.jpg
すぐそばには聖水の湧き出る泉があります。ロシア正教の信者は
ここで聖水をいただきペットボトルで持ち帰ります。
女性のガイドさん、聖水を持ったまま、フワッと現れすぐ消えました?

page5.jpg
CIMG3411_640.jpg
17:00ホテル着。希望者でスーパーまで行きましたが、何も欲しいものはなく
夕食はホテルです。日本人の口には合いますが、量が多いですね。
夕食のビールで300ルーブル使って綺麗に使い切りました。
サラダ、パスタと鶏肉かつ、チーズケーキと紅茶です。

17-夜.jpg
最後の夜です。ゆっくりしてまたまた早めにお休みタイムです。





nice!(0)  コメント(0) 

4日目 サンクトペテルブルグ~モスクワ [旅行]

3日間泊まったHOLDAY INNともお別れです。
トランクを出して、朝7時出発、空港に向かいます。

CIMG2798_640.jpg
CIMG2805_640.jpg
CIMG2802_640.jpg
モスクワまで約1時間半、ガイドのスラブさんの出迎えを受けて
バスで市内観光。日本語は上手ですが、本当しゃべる、しゃべる[ふらふら]
しまいには歌まで歌い始めます。うるさかったら「シャラップ」と言ってくださいと
言ってましたが、言いたかった(笑)
昼食はマッシュルームのクリームスープ、ポーク焼き、ポテトサラダ、アイスクリームなど
ポーク焼きはカリカリとして美味しかった!

16-昼.jpg
赤の広場はロシアのモスクワの中心部にあり、クレムリンと共に世界遺産に
なっています。南西部にクレムリンの城壁があり、レーニン廟やグム百貨店
聖ワシリイ聖堂もあります。ともかく壮大です!!

1508412189206_640.jpg
CIMG3076_640.jpg
聖ワシリイ聖堂は1551年~1560年にかけてイヴァン4世によって建設されました。
カザン・ハン国は15世紀から16世紀にかけてヴォルガ川領域に
一大勢力を誇ったイスラム王朝です。カザン・ハンを捕虜として戦いに勝利した
記念に建てられたそうです。おとぎの国のような建物です。

CIMG3078_640.jpg
大阪のおばちゃん6人グループです。ノリのいい大阪ならではのおばちゃん
ガイドの説明や歌に合いの手を入れてノリノリ[わーい(嬉しい顔)]
スポーツクラブで顔見知りだけで名前も知らない人もいたそうで
すっかり仲良しになっています。こんな関係でも長い旅が出来るなんて??
もっとも最近は一人旅、相部屋可の人もいるのだから、皆さん勇気ありますね。

CIMG3301_640.jpg
グム百貨店、ロシア語で総合百貨店という意味だそうです。
巨大な百貨店、店舗数1200位あるそうです。1928年には全ての店舗が国営化
されたそうです。「物資貧乏を起こさない商店」としてソビエト連邦のショーウインド
の役割を果たしたそうです。楽しいものが沢山ありそうですが、そんなに時間は
ないので見るだけで楽しみました[るんるん]

CIMG3304_640.jpg
CIMG3094_640.jpg
ロシアにもフエルトおもちゃがあるんだとみょうに感動してみたり

page1.jpg
ペイントしてもらっている可愛い子供を眺めたり

CIMG3114_640.jpg
こんなデパートで買い物できる人ってどんな人なのか、ガイドさんに聞けば良かった!
車窓より救世主キリスト大聖堂。ナポレオンのロシア侵攻を防衛した
祖国戦争の勝利を記念して建てられました。

o0600045012652497366.jpg
ロシアの教会の頭はなぜだかネギ頭。
「オニオンドーム」とか「クーポル」とかの呼び名があります。
○雪の多いところだから、 屋根に雪が積もらないように。 との実利性。
○ろうそくの炎をかたどっており、
 祈りが神に届く様を表す。
 神様が天上に昇っていく様を表す。
 教会の中を精霊が飛び交う様を表す。 との宗教性だそうです。
ノボデヴィッチ修道院はモスクワにある正教会の修道院の中でも
有名な一つです。紅葉と建物が鏡のように映って綺麗です。

CIMG3134_640.jpg
ホテルに着くころは暗くなっていました。パチンコ屋のようなホテル
これが今夜のホテルコルストン。どうやら韓国系のホテルのようです。
韓国のスーパーがあったり、焼肉屋があったり、何だか落ち着かない

CIMG3155_640.jpg
CIMG3151_640.jpg
夕食はホテルのバーのようなところで、、、、
運んで来るのも遅いし、味も今一です。
ペットボトルのお水がどれも固くて固くて開かない[がく~(落胆した顔)]

16-夜.jpg
今夜もすぐにお風呂に入って寝ました。
本当毎日早く寝るので何とか疲れも取れますね。

CIMG3152_640.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

3日目 サンクトペテルブルグ市内観光~エカテリーナ宮殿 [旅行]

朝9:00ホテル発、市内観光です。曇りで気温も下がり少し寒い朝です。
青銅の騎士象、ペトロパボロフスク要塞。

CIMG2567_640.jpg
300px-Neva-StPetersburg2.jpg
地の上の教会。ロシア正教会、1881年にアレクサンドル2世が暗殺された地で
あることから、地の上の教会と呼ばれています。

CIMG3219_640.jpg
ここも黄葉がとってもきれいです[ぴかぴか(新しい)]

CIMG2582_640.jpg
CIMG2606_640.jpg
お土産屋さんに行きます。ロシアの有名な民芸品、マトリョーシカだらけです。
小さいものから大きなものまで、値段も結構高いです。
ロシア特有の人形、実は日本が発祥だそうです。
1890年代、ロシア正教の神父が、箱根の名産品だった七福神の入れ子人形を
持ち帰り、それがアイディアのもとになったそうです。

CIMG2617_640.jpg
スターバックスのロシア限定品を買いに行く人が沢山です。
1個2800円位とか~お土産に沢山買っている人もいました。
私たちは興味なし!皆さん良く調べていますね。

IMG_9235-1024x682[1].jpg
二人で公園を散策、ハロウィンの飾りを見たり、可愛い子供を見たり~

CIMG2622_640.jpgCIMG2611_640.jpgCIMG2621_640.jpgCIMG2619_640.jpg
ランチはミニフォークロアショーを見ながら食べます。
素敵な音楽、歌声で楽しいショーでした。

page5.jpg
今回最高齢の84歳の男性一人旅、昨年奥様を亡くされて写真を持参の愛妻家。
スキー、卓球、陶芸などなど多趣味でいずれもプロ級とか
足も腰もしっかり、最後まで疲れた様子もなくお元気でした。
こうして84歳まで一人で出れるのも、今まで海外旅行され続けてるからかな?

CIMG2660_640.jpg
私もやっぱり頑張ろう[わーい(嬉しい顔)]
今回の食事で一番美味しかった!ワインもウォッカも飲み放題!!

page1.jpg
残りをお酒好きな人、お持ち帰り[exclamation]

page2.jpg
レストラン付近は白樺林です。

CIMG3253_640.jpg
CIMG2690_640.jpg
午後からエカテリーナ宮殿に向かいます。
エカテリーナ宮殿の歴史は18世紀初めピヨートル大帝が彼の后、後のエカテリーナ
に与えた夏の離宮に始まります。素晴らしい豪華な大きな建物です。

CIMG2691_640.jpg
CIMG2769_640.jpg
CIMG2765_640.jpg
ここもコートや荷物を預け、靴カバーも履きます。

CIMG2696_640.jpg
CIMG2721_640.jpg
大広間(舞踊の間)どこも豪華絢爛、金ぴかの世界です。
いつの時代も権力者は贅を尽くした生活をしますね。

IMG_20171019_000841_640.jpg
大広間。皇帝一家の食事の間(白の主食堂)

CIMG3259_640.jpg
page1.jpg
有名な琥珀の間は撮影禁止!ネットからです。
壁一面が琥珀の装飾で覆われています。

yjimage.jpg
綺麗なミントグリーンのウエッジウッドの部屋。

page3.jpg
キューピットの像、マイセンの壺、天井画などなど素晴らしい[exclamation×2]

page2.jpg
page5.jpg
page6.jpg
しっかり目の保養した後、外の紅葉も綺麗です[ぴかぴか(新しい)]
黄葉が多いのですが、珍しく綺麗な紅葉が見れました。

IMG_20171015_162617_640.jpg
page3.jpg
今夜の夕食は壺焼きシチュー、デザートはリンゴの焼いたもの
生のような、焼いてるような中途半端で美味しくない[ふらふら]
ロシアはリンゴは青りんごです。

page1.jpg
ホテルについて隣のスーパーをのぞいて、お土産のチョコなど沢山買って
トランクに詰めました。これで安心!従妹は会計、今日のメモなど
本当楽させてもらって、トランク整理したらさっさと寝て~有難いです。

CIMG2792_640.jpg
CIMG2797_640.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

エルミタージュその2 [旅行]

午後からまた美術館鑑賞です。
ラファエロの回廊「ヴァチカン」の宮殿回廊が「複製」されたようです。
ラファエロの間です。

27_640.jpg
19_640.jpg
28-1.jpg
ロシアに初めてセーブル磁器がもたらされたのは1757年で、ルイ15世から
ロシア宮廷の贈り物の中に含まれていました。
マイセンなどの素晴らしい作品も沢山あります。

31-1.jpg
22.jpg
空中庭園です。
30.jpg
展示室の調度品にも目を惹かれます。豪華なシャンデリア
トルコ石の大きな壺、テーブル、蝋燭立てなどなど、天井や床などの装飾も
素晴らしく見惚れてしまいます。

21_640.jpg
レンブラント、ルーベンス、ゴヤ、ヴェラスケス、エル・グレコなどなど
有名な絵が沢山です。

23.jpg24.jpg25.jpg
CIMG2457_640.jpgCIMG2476_640.jpg
1764年にエカテリーナ2世がドイツから美術品を買い取ったのが
エルミタージュコレクションの始まりです。
その後歴代のロシア皇帝が美術品を収集、ロシア革命後は貴族、商人から
没収されたコレクションも集められ巨大な国立ミュージアムになったそうです。
モネ、ピカソ、ルノアール、セザンヌ、マチス、、、、名画が沢山あります。

36.jpg37.jpg38.jpg
宮廷大教会。素晴らしいゴールドの細工です。

28_640.jpg
最後は秘法室(ゴールデンルーム)は3班に分かれて見学です。
撮影禁止、素晴らしい金の細工が沢山ありました。
6時間近い美術館見学、15,000歩も歩いています。

3_640.jpg
CIMG2513_640.jpg
本当疲れました!!外に出ると夕日がきれい!

CIMG2541_640.jpg
夕食はコールスローサラダ、キエフ風カツレツ、ケーキ、紅茶です。
こちらの紅茶はお湯が出てきます。その中にティーパック!
お水は毎食無料でついてきます。

page.jpg
その後エルミタージュ劇場でバレエ鑑賞です。
中国人が多くて、フラッシュをたくのでカメラ禁止になりましたが
スマホはOKです。どこでもマナーの悪い中国人です[ちっ(怒った顔)]
白鳥の湖、綺麗な素晴らしい舞台ですが、疲れてかなり眠っていたようです。

page4.jpg
page3.jpg
帰りに「日本人ですか?僕は道化師で踊りました」と声をかけてきた男の子
皆さん大喜びで一緒に写真を、、、、私記憶が???
眠っていたようで、従妹に大笑いされましたが、皆さんには見たふりをしました(笑)
本当記憶がないんです[もうやだ~(悲しい顔)]

IMG_20171014_214711.jpg
nice!(0)  コメント(0)